top of page

パソコンの寿命と最適な更新サイクル


 長期間同じパソコンを使用することで、性能の低下やセキュリティリスクが発生することもあります。

 以下は、パソコンの寿命についてと、最適なパソコンの更新サイクルについての情報です。




パソコンの寿命と不具合

  • パソコンは使用時間が長くなると、内部の部品が劣化し、不具合が発生することがあります。例えば、液晶画面が暗くなったり、ハードディスクの不具合によって電源が落ちたりすることがあります。

  • 長く使い続けることで、必要な作業ができなくなる可能性もあります。特にオンライン会議などの新しい業務には、古いパソコンではスペックが不足していることがあります。


パソコンの更新サイクル

  • 企業で利用されるパソコンは、通常5年から7年程度使用されます。しかし、最新のWindows 11搭載パソコンが発売されており、思い切って新しいパソコンに切り替えることで、仕事の効率向上につなげることができます。

  • 減価償却の期間は4年であり、リースでは3年から7年程度の利用が一般的です。リース期間中は同じパソコンを使い続けることになるため、スペックの不足やトラブルが発生することもあります。



 パソコンは決して安い買い物ではありません。常に新しいものを使うのは理想的ですが、頻繁な買い替えは現実的ではありません。スペックや筐体劣化を考えると、同じパソコンを使い続けることもまた不安が生じます。

 そこでアップサイクルパソコンを利用する、レンタルを利用するという選択肢の登場です。

 

アップサイクルとレンタル

  • アップサイクルは、長期間同じパソコンを使い続ける代わりに、2年から3年程度の早いサイクルでパソコンを変更するアプローチです。最新のパソコンはセキュリティ機能が強化されており、トラブルも少ないです。

  • レンタルも選択肢の一つです。必要な時に必要なだけ利用することができるので、レンタルを利用するだけで、所謂「電子廃棄物」を減らすことができます。また、購入するよりはずっと安価なので、経費を削減することにも貢献できます。





参考資料

閲覧数:2回

Comentários


bottom of page