top of page

ウィンドウのレイアウトを効果的に設定しよう

仕事に役立つWindows11の機能 カスタマイズと柔軟性:4-4


 Windows 11では、複数のアプリケーションやウィンドウを同時に使用する際に、使いやすいレイアウトを設定することができます。

 以下に、簡潔に紹介します。



1. スナップ機能を利用

 Windows 11のスナップ機能を使うと、ウィンドウを画面の端にドラッグすることで、効果的なレイアウトを簡単に作成できます。ウィンドウを画面の左右または上下にドラッグすると、それぞれ半分に分割されます。これにより、複数のアプリケーションを同時に表示し、作業効率を向上させることができます。


2. タスクビューの利用

 Windows 11には新たに導入されたタスクビューを活用して、仮想デスクトップを使ったレイアウトも可能です。タスクバーの左端にある「タスクビュー」アイコンをクリックすると、複数のデスクトップを作成し、異なる作業スペースを切り替えることができます。


3. ウィンドウの配置のカスタマイズ

 ウィンドウの上部にある「配置」ボタンをクリックすると、特定のディスプレイにウィンドウを移動させたり、最前面に表示したりするオプションが表示されます。これにより、複数のディスプレイを使用している場合や、特定のウィンドウを常に手前に表示したい場合などに便利です。


 これらの機能を組み合わせて、自分の作業スタイルに合ったレイアウト設定をしましょう。よりストレスフリーで快適なデスクトップ環境を構築することで、作業効率もアップすることでしょう。

閲覧数:0回

Comments


bottom of page