top of page

アイコンとショートカットの管理

更新日:2023年12月10日

仕事に役立つWindows11の機能 カスタマイズと柔軟性:4-5


 Windows 11を使用する際に、効果的なデスクトップの管理は作業効率向上の重要な要素です。アイコンとショートカットの適切な配置と整理により、素早く必要なアプリケーションやファイルにアクセスでき、不用な検索時間を削減します。

 どんな方法があるのか、見てみましょう。


1. デスクトップ上のアイコンの整理

 Windows 11では、デスクトップ上のアイコンを整理して見やすくすることができます。

デスクトップ上でアイコンをドラッグ&ドロップして配置したり、よく使用するアプリケーションやフォルダをデスクトップ上に配置し、アクセスしやすくしましょう。

 また、デスクトップ上でアイコンを右クリックし、「表示」からサイズを変更できます。これにより、画面上での見やすさを向上させることができます。


2. ショートカットの作成

 ショートカットは、アプリケーションやファイルへの素早いアクセスを可能にします。

 デスクトップ上で右クリックし、「新規作成」から「ショートカット」を選択し、アプリケーションやファイルのパスを指定してショートカットを作成します。

 各アプリケーションアイコンを右クリックし、そこからショートカットを作成することもできます


3.タスクバーのカスタマイズ

 よく使用するアプリケーションをタスクバーにピン留めして、起動時や作業中に簡単にアクセスできるようにしましょう。

 また、タスクバー上のタスクビューアイコンを使用して、仮想デスクトップを作成したり、オープンしているウィンドウを管理できます。



 これらの基本的な手順を実践することで、Windows 11上でアイコンとショートカットを効果的に管理できます。整理されたデスクトップ環境は、作業の効率を向上させるだけでなく、ストレスを軽減するのにも役立ちます。

閲覧数:0回

Comments


bottom of page