top of page

安全なリモートアクセスのための便利な機能

仕事に役立つWindows11の機能 セキュリティとプライバシー:2-9


 VPN(Virtual Private Network)とは、仮想専用線とも呼ばれ、共用のインターネット回線の中で悪意のある侵入を防ぐことができる、安全な経路を構築するシステムです。

 この機能を利用することで、セキュアなリモートアクセスを簡単に確立できます。以下は、Windows 11のVPN統合に関する簡潔なガイドです。


1. VPNの設定へのアクセス

 Windows 11では、設定メニューからVPNにアクセスできます。設定画面で「ネットワークとインターネット」を選択し、「VPN」セクションに進むことで、VPNの設定が行えます。


2. VPNの追加と設定

 「VPNの追加」をクリックすると、利用したいVPN接続を選択し、必要な設定情報を入力できます。通常はVPNプロバイダーが提供する情報を使用します。認証情報や接続プロトコルを設定し、保存します。


3. VPNの有効化と接続

 設定が完了したら、設定画面で「VPN」を有効化します。接続したいVPNをクリックして、「接続」を選択すると、VPN接続が確立されます。必要に応じてユーザー名とパスワードを入力し、セキュアなリモートアクセスが開始されます。


4. オンデマンド接続の設定

 Windows 11のVPN統合では、オンデマンド接続の設定も可能です。これにより、特定のアプリケーションやリソースにアクセスする際にのみVPNを利用するように設定できます。


5. VPNの切断と管理

 VPN接続が不要になった場合は、設定画面からVPNを切断することができます。また、利用中のVPN接続を管理するためには、同じ設定画面から詳細な情報やオプションを確認できます。



 Windows 11のVPN統合は、シンプルで使いやすいインターフェースを提供し、ユーザーが簡単に安全なリモートアクセスを確立できるようになっています。VPNを活用することで、公共のWi-Fiなどからのアクセス時にもデータを守ることができます。

Comments


bottom of page