top of page

効果的なセキュリティを確保するための基本ガイド

仕事に役立つWindows11の機能 セキュリティとプライバシー:2-8

 Windows 11におけるユーザーアカウント管理は、デバイス全体のセキュリティを向上させ、データやプライバシーを保護する重要な側面です。

 以下は、ユーザーアカウントを効果的に管理するための基本的なガイドです。




1. 強力なパスワードの設定

 ユーザーアカウントの最初の基本は、強力なパスワードを設定することです。長さが適切で、大文字・小文字・数字・特殊文字を組み合わせた複雑なパスワードを選択し、定期的に変更するよう心がけましょう。


2. マルチファクタ認証の有効化

 マルチファクタ認証(MFA)を有効にすることで、パスワードだけでなく追加の認証手段が必要となります。これにより、セキュリティを向上させ、不正アクセスを防ぎます。


3. ユーザーアカウントの分類

 ユーザーアカウントを管理する際には、役職や権限に応じて適切な分類を行いましょう。必要最小限の権限を与え、プリンシパル・レストリクションを実施することで、権限の濫用や情報漏えいのリスクを軽減できます。


4. Guestアカウントの適切な管理

 不要なGuestアカウントはセキュリティの脆弱性となりえます。不要な場合は無効化し、必要な場合でも適切な権限と制限を設定しておきましょう。


5. アカウントのロックアウト設定

 セキュリティを強化するために、一定回数の誤ったパスワード入力試行後にアカウントをロックアウトする設定を有効化しましょう。これにより、不正なアクセス試行からアカウントを保護できます。


6. アカウントの監査ログの確認

 Windows 11では、アカウントの活動を監査ログとして確認できます。定期的にこれらのログをチェックすることで、不正アクセスや異常な活動に早く気づくことができます。



これらのユーザーアカウント管理の基本的な手順を実践することで、Windows 11上でのセキュリティを強化し、デバイス全体の安全性を確保できます。

Comments


bottom of page