top of page

セキュリティを強化してマルウェアからデバイスを守ろう

仕事に役立つWindows11の機能 セキュリティとプライバシー:2-5


 Windows 11は高度なセキュリティ機能を搭載しており、その中でも特にマルウェア(悪意のあるソフトウェア)からデバイスを守るための機能が強化されています。

 以下にWindows 11でのマルウェア対策のポイントを記します。



1. Windows Defenderの利用

 Windows 11には、組み込みのセキュリティソフトウェアであるWindows Defenderがあります。Windows Defenderはリアルタイムでマルウェアを検出し、ブロックする機能を提供しています。

 定期的なスキャンを実施し、デバイスを定期的に保護しましょう。


2. Windows Updateの実施

 Windows 11を最新の状態に保つことも重要です。Windows Updateを定期的に実施することで、セキュリティの更新や修正プログラムが適用され、最新の脆弱性に対する対策が行われます。


3. スマートスクリーンの有効化

 Windows 11のMicrosoft Edgeではスマートスクリーンが搭載されています。これは、危険なウェブサイトやダウンロードからユーザーを守る役割を果たします。

 スマートスクリーンを有効にし、安全なブラウジングを実現しましょう。


4. 外部からの不明なメディアの制限

 デバイスに外部からメディア(USBドライブなど)を接続する際、Windows 11では自動再生を制限することができます。これにより、不明なメディアからのマルウェア感染を防ぎます。


5. 不審なメールやリンクに注意

 ソーシャルエンジニアリングを利用したマルウェア攻撃も存在します。不審なメールやリンクには注意し、信頼できないソースからのファイルを開かないよう心掛けましょう。



これらの対策を継続的に行うことで、Windows 11上でのマルウェアからの保護が強化されます。セキュリティソフトウェアの活用や最新のアップデートの実施、慎重なオンライン行動を組み合わせて、安全なデジタル環境を構築しましょう。

תגובות


bottom of page