top of page

ウェブサーフィンを安全に楽しむ方法

仕事に役立つWindows11の機能 セキュリティとプライバシー:2-3


 Windows 11で安全かつプライベートなオンライン体験を実現するためには、いくつかの簡単な下準備が重要です。

 以下に、安全なブラウジングを確保するためのシンプルなガイドを紹介します。




1. Microsoft Edgeを活用

 Windows 11にはデフォルトでMicrosoft Edgeが搭載されています。Edgeは高度なセキュリティ機能が組み込まれており、定期的なアップデートによって最新の脅威にも対応しています。

 安全なブラウジングを実現するために、Microsoft Edgeを利用しましょう。


2. スマートスクリーンの有効化

 Windows 11のMicrosoft Edgeでは、スマートスクリーンが利用可能です。これは危険なサイトやファイルからユーザーを守る役割を果たします。

 スマートスクリーンを有効にして、ウェブページやダウンロードファイルの信頼性を高めましょう。


3. パスワードマネージャーの活用

 Microsoft Edgeには組み込みのパスワードマネージャーがあります。これを活用することで、複雑で一意なパスワードを生成し、保管することができます。

 安全なパスワードの使用は、オンラインセキュリティを向上させます。


4. プライベートブラウジングモードの利用

 Microsoft Edgeのプライベートブラウジングモードを利用すると、閲覧履歴やクッキー、一時ファイルなどが保存されません。これにより、個人情報の保護を強化し、他のユーザーとデバイスを共有する際に安心感を得ることができます。


5. セキュリティ設定の確認

 ブラウザのセキュリティ設定を確認し、必要に応じて調整しましょう。ポップアップのブロックやセキュアな接続の強制化など、セキュリティを高める設定があります。



以上が、Windows 11を使って安全なブラウジングを実現するための基本的な手順です。これらのセキュリティ対策を実践することで、ウェブサーフィンをより安心して楽しむことができます。

תגובות


bottom of page