top of page

効率的なデュアルモニター環境を構築しましょう

更新日:2023年11月27日

仕事に役立つWindows11の機能 生産性向上:1-7


 デュアルモニター(2つのモニターを同時に使うこと)環境は、作業の効率を飛躍的に向上させる重要な要素です。

 Windows 11を使用する際には、以下の方法でデュアルモニター環境を最適化して、より快適で効率的な作業環境を実現しましょう。


1. ディスプレイの拡張と切り替え

 Windows 11では、デュアルモニターを利用するための簡単な設定が可能です。ディスプレイの設定画面で「ディスプレイの拡張」を選択することで、デュアルモニターを連携させ、1つの大きなデスクトップを得ることができます。

 Win + Pキーを使えば、デュアルモニターとの切り替えも簡単に行えます。


2. タスクバーのカスタマイズ

 デュアルモニター環境では、それぞれのモニターに対応するタスクバーをカスタマイズして利用すると便利です。設定から「タスクバー」を選び、タスクバーをどのディスプレイに表示するか設定することで、作業の切り替えがスムーズになります。


3. ウィンドウのスナップ機能

 Windows 11にはウィンドウのスナップ機能が搭載されています。ウィンドウを画面端にドラッグすることで、自動的にデュアルモニターの領域に整列させることができます。これにより、同時に複数のアプリケーションを使いやすく配置できます。


4. デュアルモニターでの作業フロー

 デュアルモニター環境では、複数の作業フローを同時に進めることができます。例えば、メインモニターで文章を書きながら、サブモニターでリサーチや参考資料を確認するなど、その都度切り替えることなく効率的な作業が可能です。


5. 仮想デスクトップの活用

 Windows 11の仮想デスクトップ機能を利用することで、デュアルモニター環境をさらに効果的に使えます。異なる作業環境を仮想デスクトップごとに設定し、タスクごとにデスクトップを切り替えながら作業できます。




 Windows 11を使用する際には、デュアルモニター環境を最適化して作業の生産性を向上させましょう。ディスプレイの拡張やカスタマイズ、スナップ機能、仮想デスクトップの活用など、これらの機能を駆使することで、より効率的で快適な作業環境を構築できます。



Comments


bottom of page