top of page

Windows11を使ってプライバシーを保護する方法

仕事に役立つWindows11の機能 セキュリティとプライバシー:2-4


 Windows 11では、データを保護するための強力なセキュリティ機能が備わっています。その中でも特に重要なのが、データ暗号化オプションです。

 データ暗号化を有効にすることで、機密情報や個人データを不正アクセスから守り、デバイス全体のセキュリティを向上させることができます。


1. BitLockerの活用

 Windows 11では、BitLockerと呼ばれるツールが提供されており、デバイス上のデータを暗号化し外部からのアクセスや盗難に備えます。BitLockerを利用するには、デバイスの管理者としてログインし、設定からBitLockerを有効にします。


2. データドライブの暗号化

 BitLockerを使用すると、データが保存されているドライブ全体を暗号化することができます。これにより、デバイスが紛失したり盗難に遭った場合でも、暗号化されたデータは無効なまま保護されます。


3. BitLockerの設定のカスタマイズ

 BitLockerの設定はカスタマイズ可能で、ユーザーは自分のニーズに合わせて調整できます。例えば、USBデバイスを使用した際にBitLockerで保護されたデータを読み書きするためのパスワードの設定や、回復キーの保存方法などが選択できます。


4.データのリモートワイプ機能

 Windows 11にはデータをリモートワイプする機能も備わっています。デバイスが失われた場合、リモートワイプによってBitLockerで保護されたデータを安全に削除することができます。



 これらのデータ暗号化オプションを有効にすることで、Windows 11を使用する際のセキュリティを一層強化できます。デバイス上の重要な情報や機密データをしっかりと保護し、安心して利用できる環境を築きましょう。

Comments


bottom of page