top of page

リモートデスクトップアクセス

仕事に役立つWindows11の機能 クラウドとリモートワーク:9-2


 Windows 11では、リモートデスクトップアクセスを利用して他のコンピューターに遠隔からアクセスできます。

 以下は、Windows 11でのリモートデスクトップアクセスの手順についての簡潔な記事です。



1.リモートデスクトップの有効化

  • 遠隔デスクトップを有効にするには、コントロールパネルを開き、「システム」を選択します。

  • 左側のメニューから「リモートデスクトップ」をクリックし、「リモートデスクトップを有効にする」を選択します。


2.遠隔デスクトップ接続の設定

  • 「設定」アプリケーションを開き、「システム」→「リモートデスクトップ」に進みます。

  • 「リモートデスクトップを使用する」を有効にし、必要に応じて「ネットワークレベル認証を要求する」を設定します。


3.アクセスするコンピューターの確認

  1. リモートデスクトップでアクセスするコンピューターのIPアドレスまたはホスト名を確認します。


4.リモートデスクトップ接続の起動

  • スタートメニューから「リモートデスクトップ接続」を検索し、アプリを起動します。

  • 「コンピューター」にアクセスする先のIPアドレスまたはホスト名を入力し、「接続」をクリックします。


5.認証情報の入力

  • リモート先のコンピューターにログインするためのユーザー名とパスワードを入力します。

  • 必要に応じて、「資格情報を保存する」をチェックして、次回以降のアクセスをスムーズに行います。


6.リモートデスクトップセッションの終了

  • 作業が終了したら、リモートデスクトップウィンドウを閉じるか、右上の「×」ボタンをクリックしてセッションを終了します。



 リモートデスクトップアクセスを使用することで、遠隔地から他のWindows 11コンピューターにアクセスし、操作やファイルの転送が可能です。

 セキュリティを確保するために、適切な認証情報や接続設定を利用してください。

閲覧数:0回

Comments


bottom of page