top of page

リカバリオプションの活用方法

仕事に役立つWindows11の機能 システム管理とメンテナンス:8-5


 Windows 11では、システムの問題やトラブルが発生した場合に備えてリカバリオプションが用意されています。

 以下は、Windows 11でのリカバリオプションの簡潔な活用方法です。



1.設定からアクセス

「設定」アプリケーションを開き、「更新とセキュリティ」に進みます。左側のメニューから「回復」を選択します。


2.リカバリオプションの確認

 「回復」セクションでは、異なるリカバリオプションが表示されます。「このPCを初期状態に戻す」や「Windowsの再インストール」などが選択可能です。


3.リセットオプションの選択

 「このPCを初期状態に戻す」をクリックすると、PCを工場出荷時の状態にリセットできます。

 オプションは、すべてのデータが削除され、Windowsが再インストールされるため、慎重に使用する必要があります。


4.Windowsの再インストール

 「Windowsの再インストール」をクリックすると、Windows 11を再インストールできます。ただし、個人のファイルは保持されません。

 このオプションは、システムのトラブルシューティングやクリーンインストール時に有用です。


5.復元ポイントの利用

 「復元ポイントの表示」をクリックして、以前のシステムの状態に戻すための復元ポイントを確認し、適用することができます。


6.追加のオプション

 「詳細な起動オプション」からは、セーフモードやコマンドプロンプトなど、高度なトラブルシューティングオプションにアクセスできます。



 これらのリカバリオプションを活用することで、Windows 11ユーザーはシステムのトラブルから迅速に回復し、安定した動作を維持できます。

 リカバリ操作を行う際には、データのバックアップを定期的に取ることをおすすめします。


閲覧数:2回

Comments


bottom of page