top of page

ユーティリティとツールで作業を効率的に

仕事に役立つWindows11の機能 アプリケーションとソフトウェア:6-6


 Windows 11には多彩なユーティリティとツールが搭載されており、これらを活用することでデバイスの管理や作業の効率化が可能です。

 以下に、その中からいくつかをピックアップして紹介します。



1. ファイルエクスプローラーの強化機能

  • Quick Accessの活用:よく使うフォルダや最近開いたファイルへの素早いアクセスが可能なQuick Accessを利用し、作業の迅速化を図ります。

  • タブレットモードの切り替え:タブレットモードでは、ファイルエクスプローラーがタッチ対応でより直感的に利用できます。


2. スナップ機能の最適な利用

  • ウィンドウの整理:スナップ機能を使用して、複数のアプリケーションウィンドウを画面に整理し、マルチタスクを効果的に行います。

  • デスクトップの作成:複数のデスクトップを作成して、作業の切り替えやプライベートな作業環境の構築が可能です。


3. システムのパフォーマンスモニタリング

  • タスクマネージャーの活用:タスクマネージャーを使用して、実行中のプロセスやパフォーマンスをモニタリングし、必要な場合にはタスクの終了やリソースの最適化を行います。

  • リソースモニタの詳細な分析:リソースモニタを利用して、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークの使用状況を詳細に分析し、ボトルネックを特定します。


4. ストレージの最適化と整理

  • ストレージセンサーの活用:ストレージセンサーを使用して、デバイス上の大きなファイルや不要なファイルを検出し、スペースを最適化します。

  • ディスククリーンアップの実行:ディスククリーンアップツールを利用して、一時ファイルやキャッシュを削除し、デバイスのストレージを解放します。



 これらのユーティリティとツールを積極的に活用することで、Windows 11上での作業がスムーズになり、デバイスのパフォーマンスを最適化することができます。


閲覧数:0回

Comentários


bottom of page