top of page

ユーザーインターフェースを自分らしく

仕事に役立つWindows11の機能 カスタマイズと柔軟性:4-1


 Windows 11は、より使い勝手がよくなっています。しかし、ユーザーはさらに快適な環境を手に入れるために、様々なカスタマイズオプションを利用することができます。

 以下に、Windows 11のユーザーインターフェースをカスタマイズする方法を簡単に紹介します。



1. スタートメニューのカスタマイズ

 Windows 11のスタートメニューはカスタマイズが容易です。「スタート」ボタンを右クリックして、「スタートメニューの設定」にアクセスすると、ピン留めしたアプリやタイルの配置を変更できます。

 好きなアプリやツールをすばやく見つけられるように整理しましょう。


2. タスクバーのカスタマイズ

 タスクバーも自由自在にカスタマイズ可能です。アプリのアイコンをドラッグして位置を変更したり、不要なアイコンを非表示にすることができます。

 「タスクバーの設定」でアイコンのサイズやタスクビューの表示方法も調整可能です。


3. ウィンドウの配置を見やすく

 Windows 11では、複数のデスクトップを使って異なる作業環境を切り替えることができます。ウィンドウを別々のデスクトップに配置することで、タスクごとに整理された作業スペースを構築できます。


4. テーマとカラースキームの変更

 Windows 11のテーマやカラースキームを自分らしく変更しましょう。設定アプリから「テーマと外観」にアクセスし、明るいテーマやダークモード、アクセントカラーを選択できます。


5. ファイルエクスプローラーのカスタマイズ

 ファイルエクスプローラーもカスタマイズの対象です。タブを使って複数の場所を同時に開くことや、クイックアクセスに頻繁に使用するフォルダを追加することができます。



 これらのカスタマイズオプションを駆使して、Windows 11を自分らしいデジタルワークスペースに変身させましょう。個々の好みや作業スタイルに合わせてカスタマイズすることで、より効果的で快適なWindows体験を実現できます。

Comments


bottom of page