top of page

ストレージの効果的な管理と最適化

更新日:2023年12月26日

仕事に役立つWindows11の機能 ハードウェアとデバイス:7-1


 ストレージデバイスの最適化を行うことでデバイスのパフォーマンスを向上させ、効率的にスペースを管理することができます。

 以下に、基本的な手順と有用な機能を簡単に紹介します。



●ディスククリーンアップの実行

  1. スタートメニューから「ディスククリーンアップ」を検索して実行してみましょう。

  2. 対象となるドライブを選択し、「OK」をクリックして不要なファイルをスキャンしましょう。

  3. スキャンが完了したら、不要なファイルの一覧が表示されます。必要なファイルを選択して「OK」をクリックして削除します。


●ストレージセンサーの活用

  1. スタートメニューから設定アプリを開きます。

  2. 設定アプリで「システム」セクションにアクセスします。

  3. 「ストレージ」タブに移動し、「ストレージセンサー」を有効にします。

  4. ストレージセンサーを使用して、大きなファイルや不要なファイルを検出し、整理します。


●外部デバイスの最適な取り外し

  1. 外部デバイス(USBドライブなど)を使用している場合、安全に取り外すことを確認してください。

  2. スタートメニューから「デバイスとプリンター」にアクセスし、外部デバイスを右クリックして「取り外す」を選択します。


●デフラグメンテーション(ストレージの最適化)のスケジュール設定

  1. スタートメニューから「デフラグと最適化」を検索して該当のツールを開きます。

  2. 対象のドライブを選択し、スケジュールの設定を行います。定期的にデフラグメンテーションを実行することで、ディスクのパフォーマンスを維持します。



 これらの手順を定期的に実行することで、Windows 11上のストレージデバイスを最適化し、デバイスのパフォーマンスを向上させることができます。

 最近パソコンの動きが遅いな…と思ったら、まずはストレージを軽くしましょう。

Comments


bottom of page