top of page

アクセシビリティオプションの活用

仕事に役立つWindows11の機能 カスタマイズと柔軟性:4-7


 Windows 11は、幅広いアクセシビリティオプションを提供して、ユーザーがより快適にコンピュータを使用できるようにサポートしています。

どんな機能があるのか、幾つか見てみましょう。




1. 読み上げ機能

 ナレーターは画面上のテキストやコンテンツを音声で読み上げます。

  [設定] > [アクセシビリティ] > [ナレーター]でオプションをカスタマイズすることで有効化できます。


2. 高拡大率

 画面上のテキストやアイコンを拡大して表示することができます。

 [設定] > [アクセシビリティ] > [ディスプレイ]で拡大率を調整します。


3. 高コントラストモード

 背景とテキストのコントラストを強調して、視認性を向上させます。

 [設定] > [アクセシビリティ] > [ディスプレイ]で高コントラストモードを有効にし、視覚的な利便性を向上させます。


4. 音声入力

 音声でコンピュータを制御するための音声認識機能が利用できます。

 [設定] > [アクセシビリティ] > [音声入力]で音声認識を設定し、音声による操作を行います。


5. タッチキーボード

 タッチスクリーンやペンでの入力をサポートするタッチキーボードが利用可能です。

 [設定] > [アクセシビリティ] > [キーボード]でタッチキーボードを有効にし、画面上でキーボードを表示します。


6. 点字ディスプレイサポート

 Windows 11は、一部の点字ディスプレイとの統合をサポートしています。

 [設定] > [アクセシビリティ] > [点字ディスプレイ]でオプションを設定し、点字ディスプレイを使用できます。



 これらのアクセシビリティオプションは、ユーザーが個々のニーズに合わせてWindows 11をカスタマイズし、より使いやすい環境を構築するのに役立ちます。

 設定やオプションは定期的に確認し、最適なアクセシビリティサポートを見つけるよう心がけましょう。


閲覧数:1回

Comments


bottom of page